ヘッダー

ダラシンでニキビは治る?

    

「ダラシン」は、「リンコマイシン」系の抗生物質で、
クリンダマイシンの後発品です。

クリームタイプのダラシンTゲル1% と、
液体タイプのダラシンTローション1%が一般的です。
ゲルタイプは無色透明で無臭ですが、
ローションタイプは、臭いのみきつく感じる事もあります。

ダラシンの効果

ニキビの炎症やニキビ跡にも強い効果が期待できるとされています。
効果が強い反面、幹部以外に塗布したりすると、
かぶれてしまった例もあります。

薬ということで評判は分かれますが、この副作用で続けられなかったという人もいます。

ニキビを薬で治すには、
基本的に市販品を頼らないように皮膚科医には言われますが、
肌の艶等を保つには、化粧水等を使用せずにはいられません。
理屈的には、化粧水等を塗布した後に、
「ダラシン」を塗って寝るというのが正しいでしょう。

副作用は他の抗生物質と同じなので、
特別問題視することはありません。

風邪引き等で、ごく一般的に小児等にも使用される抗生物質ではありますが、
極まれに内臓等の疾患をもよおす原因となり、
抗生物質アレルギーの人が存在します。

「ダラシン」は、直接飲むタイプの薬ではなく、
塗るタイプの外用薬の為、疾患の原因に気がついてもらえず、
大変な思いをされた人もいます。

ダラシンを使えない場合もある

「ダラシン」は、よく効く抗生物質という事を、
しつこい様ですがもう一度言っておきます。
4週間以上の継続使用は説明書で禁止されています。
必要最低限の箇所に、短い期間のみ使用しなければいけません。
殺菌しすぎてしまいますから。

抗生物質過敏症の人は使用できませんし、
海外での自発報告として、
腹痛、頻回の下痢があらわれた
場合には直ちに使用を中止する事とあります。
塗り薬でも身体に異変を及ぼす事を伝えておきます。
アトピーの方も重篤なアレルギー反応を及ぼす恐れがありますので使用できません。
妊娠している人と授乳中の人と子供も使用できません。

ダラシンは市販では手に入らない

市販で手に入れる事はできません。
医師の処方箋を手に調剤薬局に行かないと手に入らないので、
貰う時には、をあらかじめ質問したいことを整理して、
使い方を聞かないといけませんね。

ダラシンの個人輸入

10年以上前から個人輸入代行サイトというものが存在していて、一部の薬が処方箋なしで手に入ります。
ネットの口コミで見つけて個人輸入をしてみたという人も多いでしょう。

「ダラシン」は、後発品のジェネリック等が対象で、
1本4千円弱でした。

交通費と、再診料を考えるとお得に感じるそうです。

医師の処方箋なしで、多少金額が張っても手に入れるのが楽な方が良いという人もちらほらいるんですね。
マスクをして、下を向いて皮膚科に通う事を思えば、
ネットで安く手に入れたいと思うものかもしれません。