一生ニキビを作らない!ツルツルお肌になるために必要なこと

できかけニキビを見つけた!どう対処したらいい?

肌が赤くなっているところがある、虫刺されみたいに盛り上がっているところを見つけたら、それはニキビができるサインかもしれません。

そんなできかけニキビを見つけたら、大きなニキビにしないためのケアが大切です。

できかけニキビの注意点

小さなニキビができてしまったら、それ以上酷くならないように気をつけることが大事です。

具体的には肌を清潔に保つこと

肌が汚れてしまうと皮脂が増えて毛穴がさらに詰まりニキビを成長させてしまいます。

洗顔や保湿をすることはもちろん、意外なところにも肌を汚している原因があります。

それがタオルや枕カバーなど、顔に普段付着するものです。

タオルや枕カバーを清潔に保っていないと、菌が繁殖していることが多いです。

せっかく洗顔などでケアをしてもその後ばい菌を肌につけてしまったら何の意味もありません。

タオルはなるべく洗った毎日違うものを、枕カバーはこまめに清潔なものと交換しましょう。

面倒かもしれませんが、ニキビにはすごく効果的ですよ。

ニキビケアは内面からのケアも大事

ニキビができてしまう原因は洗顔不足で皮脂が溜まってできることがほとんどですが、体の中に原因があることもあります。

ニキビができる原因はビタミンのバランスが崩れていることも1つの原因です。

普段外食が多かったり、食事の栄養のバランスが偏っている人ほど、肌トラブルを起こす人が多いようです。

ニキビに効果的な栄養はビタミンCとビタミンB。

ビタミンCは皮脂の分泌の抑えてくれたり、抗炎症作用があります。

口内炎にもビタミンCが良いと昔から言われてますよね。

ビタミンBは体内の脂質をエネルギーに変える作用があります。

肌の中の油分も脂質になるので、皮脂を抑えてくれる→ニキビができにくくなる、ということですね。

普段あまり食事に気を使えない、という方も多いと思うので、そんな方は栄養剤やサプリでビタミンを補いましょう。

ドリンク系のものは速効性が高いようですが、回数を重ねると効果が薄れてくる可能性があるようなので、サプリで摂取する方がオススメです。

>>ニキビに効果的な食べ物はコチラ