ヘッダー

ニキビ跡の改善方法

    

時間がかかるニキビ跡のケア

凸凹として気になるクレーター状のニキビ跡は、治るまでに時間がかかり厄介なものです。
ニキビ跡の治療には肌のターンオーバーが大きく関係しています。

新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーの積み重なりにより、皮膚組織が修繕されていくことがニキビ跡の治療に繋がります。 そのため、ニキビ治療の治すためには、肌のターンオーバーを高めることが大切になります。

しかし、ニキビ跡は皮膚内部の組織まで傷ついている状態であるため、どんなに日常生活の中でターンオーバーを意識していても、そう簡単にはニキビ跡は治らず限界があるものです。

傷跡って、ポコリとえぐれたらなかなか治りませんよね。
深ければ深いほど、肌が前のように回復することは難しくなります。

ただし、ニキビ跡は治らないわけではありません。
有効なニキビ跡の治し方としては、皮膚科や美容外科での専門的な治療を受けることがすすめられます。

ニキビ跡治療にピーリング

専門的な治療方法としてまず挙げられるのが、ケミカルピーリングです。

ピーリング剤により、化学的に肌の表面を削ることで強制的にターンオーバーを促す治療法です。
主に軽度のニキビ跡に有効とされています。
重度のニキビ跡に対する治療法としては、レーザーを用いた治療が主流となっています。

ニキビ跡にレーザー光線あてることで、皮膚組織の自己再生を促す治療法で、ケミカルピーリングよりも強力に皮膚の再生を促すことができます。
また、この他にも最新のニキビ跡治療としてはシミの改善などにも使われるフォトフェイシャルや、ニキビ跡の凹んだ部分に線維芽細胞増殖因子(FGF)を注射するFGF治療、培養表皮移植などが注目されています。

ニキビを確実に治すためには、やはり専門的な治療が有効です。
しっかりと医師のカウンセリングを受け、自分にあったニキビ跡の治療法を選びましょう。

メディアで絶賛

ニキビ跡がどんどん薄くなるリプロスキンが人気急上昇!