ヘッダー

ニキビに効果がある薬

    




ニキビがどうしてもひどい状態は、皮膚科で受診しましょう。

自分のニキビがなぜ治らないのか、繰り返すのかを見て貰うことは大切です。
【参照】ニキビを治療する皮膚科の選び方

ニキビを治す薬として有名なのがディフェリンゲルとよばれる薬。
ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは皮膚科に行けば必ずといっていいほど処方される薬です。
ニキビができた部分に、厚めに塗る塗り薬で、世界でも使われているニキビの特効薬です。

またダラシンtゲルという薬もあります。

ディフェリンゲルとダラシンtゲルを一緒に処方するお医者さんもいます。

ダラシンtゲルはニキビを悪化させるアクネ菌を殺菌するお薬です。

ダラシンにはゲルとローションの2通りがあります。
ゲルのほうは乾燥肌向け、ローションのほうは皮脂が多いオイリー肌向けです。

ディフェリンゲル、ダラシンtゲルのどちらも塗り薬ですが、ディフェリンゲルには副作用があります。
ほとんどの人が肌の乾燥を感じ、赤みが出る人もいます。

私もディフェリンゲルの副作用に悩まされたひとりですが、次の日化粧が崩れるほど乾燥しました。

お医者さんからは「1ヶ月から2ヶ月」または「1年使わないと」という人もいます。
ただし副作用はあるもの、ニキビといえばディフェリンゲルというほどのお薬でもあります。

本当にニキビを治したいのであれば、ディフェリンゲルを使う選択もあるかもしれません。

ニキビの薬の塗り方

ディフェリンゲルやダラシンtゲルなどの塗り薬は、塗りすぎは厳禁です。
多く塗りすぎるとかえって皮脂がもっと分泌してしまう可能性があります。

またサリチル酸などは、つけすぎがニキビを刺激してしまいます。

ニキビの薬は、ニキビの部分に少しだけつけてください。

アダパレンなどのビタミンA誘導体は、ニキビの部分だけでなく、全体に薄く外用するほうが良いと海外ではされています。

皮脂は正常な場合、自然に出てくるものです。
皮脂が出ないというほうが異常であり、皮脂は適度に出ていたほうがいいのです。

皮脂分泌が自然な状態が理想的なので、ファンデーションなどは、家に帰ったらすぐに落としておきましょう。