ヘッダー

Uゾーンのニキビケア

    

フェイスラインによくできるUゾーンのニキビは、大人ニキビが多いです。

20代から30代以上にかけて、よくできる場所であり、繰り返しニキビができるやっかいな場所でもあります。

どうしてUゾーンにニキビができるの?

思春期のときはおでこにニキビができていた経験はありませんか?
思春期のニキビは成長ホルモンが大きく影響されます。

皮脂の分泌が過剰になり、皮脂が出やすいおでこにニキビができるのです。

Uゾーンニキビは思春期ニキビとは違うホルモンバランスの崩れだといわれています。

Uゾーンというのは、男性でいえばヒゲが生える部分。
ヒゲが生える部分は男性ホルモンの影響を受けるため、Uゾーンにニキビができやすくなります。

フェイスラインに沿ってニキビができる人もいます。
男性のヒゲのラインに沿ってできていることから、Uゾーンニキビがどれくらい男性ホルモンから影響を受けているか分かります。

Uゾーンにできるニキビも赤ニキビなどが多く、炎症を伴って痛みがあるときもあります。

大人ニキビは、洗顔よりも保湿を大切にしていきましょう。
大人になるにつれ肌の代謝も落ちていくので、潤いも減っていきます。

乾燥して硬くなったお肌は、角栓が詰まりやすく、肌の奥で皮脂が出てこれない状態になっています。

ぬるま湯できちんと洗顔をして毛穴を開いたら、肌の奥(角質層)までしっかり保湿をしてあげること。
そうすれば、乾燥せずに、皮脂を過剰に出すことは少なくなります。

大人ニキビも思春期ニキビも潰すことは厳禁です。

肌の代謝が落ちているだけに、ニキビ跡になったら治りも遅くなります。

Uゾーンニキビが出始めたら

思春期のときは「すぐニキビなんて治るよ」と大人に言われてきましたが、
Uゾーンニキビは出来はじめたらなかなか治らないものなのです。

ホルモンバランスの崩れは自律神経の乱れにも繋がります。
Uゾーンニキビがある人は、冷え性の人もたくさんいます。

Uゾーンニキビが治りづらい原因としては、どれが原因でホルモンバランスの崩れなのかはっきり分かり辛いため、対策を打ちにくいのも特徴の1つでしょう。

基本のニキビケアを続けることが大切

Uゾーンのニキビが治らない悩みは深刻です。
赤ニキビが痛かったり、化粧では消せないほどプクリとしたニキビを毎日鏡で見るのは憂鬱ですよね。

色々なニキビケアがありますが、やはり基本の洗顔・化粧水・保湿はしっかり毎日こなしましょう。

最低でも1ヶ月以上はターンオーバーを意識するために使う必要があります。
すぐに効果がないからといってコロコロとスキンケアを変えるのはよくありません。

大人ニキビを治すならルナメアACがおすすめです。
使ってニキビが治った体験談>>ルナメアACの詳細はこちら