一生ニキビを作らない!ツルツルお肌になるために必要なこと

時間がかかる背中ニキビの改善

女性の背中

背中ニキビは、お尻のニキビと同じように普段見えない部分ですよね。

背中ニキビは肩の部分から、腰の部分まで広がるニキビです。
赤ニキビになることも多く、何気なく背中をかいたらゴリッ!とこすって痛いときもあります。

見えない部分だから、急な痛みにびっくりするんですよね。。。

そんな背中のニキビの改善方法ですが、まずお風呂のときから改善していきましょう。

背中のニキビはなぜ治らない?

背中のニキビって治りにくいんですよね。

ニキビって触ったりすると刺激され、悪化してしまいます。
背中ニキビが赤い理由はこのせいです。

背中は、常に服を着る部分だから、服がニキビに触れてしまうこと。
たとえば顔にできるニキビであれば、触れなければ良いだけ。

背中のニキビは常に服がこすれるから、ニキビを刺激してしまうんです。

お風呂でも、ニキビがある部分は汚れてると思って、ゴシゴシと洗いたくなってしまいます。
これも背中のニキビを刺激するという面ではNG。

そして保湿。
背中は乾燥しやすい場所で、

背中ニキビは日頃から気をつければ、綺麗になります。

背中ニキビを治すための、3つのポイントを参考にしてください。

背中ニキビを治す3つのポイント

背中ニキビはお風呂で改善!

まずはお風呂洗う順番です。
背中ニキビは角栓が詰まって、中に皮脂が溜まるとできます。
皮脂が大好きなアクネ菌が活発になるんですね。

だから背中に汚れが残らないように、まずは頭から洗うこと。
そして洗顔をしたら、最後にボディを洗いましょう。

この順番を守ることで、背中に汚れが残りにくくなります。

とくにコンディショナーはヌルヌルとしてなかなか落ちないので、しっかり落ちるまで洗い流しましょう。

背中ニキビがある状態で、ゴシゴシとこするのは厳禁。
背中のニキビを刺激して、さらに悪化する可能性があります。

ボディタオルは、柔らかく刺激が少ないものを選んでください。
ボディシャンプーは触れるだけでも、十分に汚れは落とせるものなんです。

ボディシャンプーは低刺激のもので十分。
あまりにも汚れを落としすぎると、乾燥してしまいます。

背中ニキビは、洗い流すことをきちんと考えていけば、どんどん改善されていきます。

背中ニキビを刺激しない下着を着る

お風呂から上がったら、寝間着の下に下着を着ますよね。

この下着も背中ニキビを刺激しないような服を着ましょう。

おすすめの下着の素材は、コットンとシルク。
シルクは高いので、毎日着る素材としては使えないとして、コットン。

コットン製品は安いうえ、肌の刺激が少ない素材です。

赤ニキビは触れれば触れるほど、治りません。
背中ニキビは赤いニキビが多く、治りにくいのはこの理由です。

背中ニキビへの刺激を今日から少なくしてあげましょう。

背中ニキビを保湿する

以前は、ニキビは殺菌!というイメージが強かったんですが、今では「ニキビは保湿すると治る」といわれています。

肌が乾燥すると、肌が硬くなったり、角栓が詰まったりして、皮脂が外に出られない状態になります。

皮脂が外に出られないと、皮膚の中で、皮脂が溜まってしまい、ニキビになります。

皮脂を洗い流してもニキビは治りません。
乾燥させないことが、ニキビ予防になるのです。

お風呂から上がったら、しっかり背中ニキビを保湿してあげましょう。
保湿されて、きちんと正常の範囲の皮脂が出ていれば、背中ニキビはどんどん小さくなっていきますよ。