ヘッダー

乾燥肌のニキビの治し方

    

乾燥肌は保湿メインに進めましょう。

乾燥肌なのにニキビができる理由

ニキビって皮脂が多い人ができるイメージがありますよね。

でも乾燥しているのにニキビができる理由があるんです。

乾燥しているお肌は、潤いがない状態です。
弾力もないし、カラッカラ。

ゴワゴワ感があるのが乾燥肌です。
そんなお肌は、角層も硬くなっていて、内部から皮脂が出られません。

皮脂が内部にあると、ニキビの原因となってしまうんです。

きちんと皮脂が毛穴の外に出る、そして適度な潤いがあるのが理想のお肌。
潤いがある正常なお肌になるようケアしていくことで、ニキビは減っていきます。

ニキビケアとは、ニキビを治すことだけでなく、潤いがある綺麗なお肌を目指すことなんです。

まずは洗顔

乾燥肌だからといって、洗顔をしない人もいます。
ですがそれは間違い。

ぬるま湯で硬くなった乾燥肌を柔らかくして、毛穴を開いてあげましょう。
そして毛穴の奥まで、きちんと汚れを落としてあげること。

乾燥肌を保湿ケア

乾燥肌でニキビができる人は、もちろん乾燥が原因です。

しっかり肌の奥まで保湿することで、潤いあるお肌へと導きます。
おすすめは「みんなの肌潤糖」

きめ細かい保湿が、肌の奥まで届いて、乾燥肌の私でも次の日の朝まで潤いが実感できました。

ずっと保湿が続くと、毛穴の奥の皮脂が出る量も少なくなります。
また乾燥による毛穴が硬くなることもありません。

乾燥肌のニキビケアは保湿をとにかく大切にしてください。

「みんなの肌潤糖」で保湿をしたあとは、化粧水でバリアをつくります。

化粧水でバリアというのは、保湿成分が蒸発してしまわないようにすることです。

せっかく保湿したのに、水分が蒸発するともったいないですよね。
必ずお肌のバリアを作ってあげて、潤いが長く保つようにしましょう。

みんなの肌潤糖クリア乾燥肌ニキビにオススメのニキビケア!
>>みんなの肌潤糖クリアの体験レポート