ヘッダー

皮脂が多いオイリー肌と改善方法

    

オイリー肌質の人は、若い人が多く、皮脂が表面まで出てベタベタした肌質が特徴です。

思春期ニキビにオイリー肌質は多いのですが、その理由はホルモンバランスの乱れ。

思春期に入ると、どうしてもホルモンバランスが崩れてしまいます。

急激に成長する時期ですが、男性ホルモンが活発になります。

女性だから男性ホルモンはない、というわけではありません。
男性はもちろん、女性にも男性ホルモンはあり、男性ホルモンが活発になると皮脂がたくさん分泌されるのです。

皮脂というのは、出るのが当然なものです。
皮脂がないと肌はカラカラになるし、皮脂は外部の刺激から守ってくれる天然バリアなのです。

皮脂自体がニキビに悪いのではなく、皮膚が角栓で詰まってしまい、その下で皮脂が溜まってしまうのが悪いのです。

つまり角栓がつまらないように、きちんと肌を清潔にしておく必要があります。
ニキビの洗顔方法に書いてありますが、
日頃からの正しい洗顔方法と回数を守って、きれいなお肌を目指しましょう。

皮脂が多いお肌であれば、多少は皮脂を落とす洗顔フォームを使ってもいいでしょう。

大人ニキビの場合は、
あまり皮脂を落としすぎると乾燥するのですが、皮脂が多い乾燥ニキビで、相当突っ張らなければ皮脂を多く洗い流しても大丈夫です。

洗顔が終わったら、きちんと保湿をして、汚れがまた顔につかないようにしましょう。

プロアクティブ+の画像オイリー肌だから保湿をしない、というのは間違いです。
そのままにしておくと、開いた毛穴に汚れが詰まるし、角栓も詰まってしまいます。

皮脂が多いオイリー肌は、洗顔と保湿がセットになっているプロアクティブ+がおすすめです。

>>プロアクティブ+を使ったレポートと感想を読む