ヘッダー

ニキビのホルモン療法。ニキビの治療にピルが用いられる理由とは?

    




ピルは、経口避妊薬といわれます。
経口とは「口から投与する薬」という意味です。

つまりピルは「飲む避妊薬」という意味です。

皮膚科でニキビをホルモン療法するにあたり、ピルが用いられます。

避妊薬なのに、なぜピルがニキビに効果があるのでしょうか?

ニキビはホルモンバランスの崩れからできるから

ニキビができる原因として、ホルモンバランスの乱れがあげられます。

ホルモンバランスでもニキビは、アンドロゲン(男性ホルモン)と大きく関係があります。
※男性ホルモンには、テストステロンとアンドロゲンがありますが、ニキビに作用するのはアンドロゲンです。

女性で男性ホルモンの分泌が多くなると、月経異常を引き起こします。
そのほか、皮脂腺の動きが活発になり、皮脂がニキビを引き起こします。

ニキビのホルモン療法は、アンドロゲンの分泌をおさえることで、ホルモンバランスを正常に整える、
そして皮脂の分泌を抑えることで、ニキビが治るという効果があるのです。

分泌だけでなく、アンドロゲンを抑えることで、皮膚の角化も抑制します。

ピル

ニキビ治療でピルを使う注意点

ピルというのは、昔よりも安全なイメージが浸透してきて、悪いイメージはなくなりつつあります。
ただし、ニキビ治療に用いるにあたって、長期的な治療が必要となってきます。

また妊娠や胎児への影響も明らかではないため、医師の判断を必ず仰ぐ必要があります。

前立腺ガンの治療に用いられた酢酸シプロテロンも、男性ホルモンの抑制があり、海外ではニキビ・多毛症の治療として用いられています。
ですが日本では、肝癌などの副作用の報告あり、使用されていません。

ニキビ治療でピルを飲むと効果的な人とは?

誰でもピルを飲めばニキビが治るわけではありません。
アンドロゲン、テストステロンなど男性ホルモンの分泌が多いニキビの人にとって、ピルを用いたホルモン療法が効果的です。

ニキビ治療によるピルの飲み方

ピルは避妊薬なので、服用中の妊娠の心配はありません。
飲み方として、生理が終わってから21日間連続服用します。

これが1クールです。

1クールが終わると、1週間ほど薬を飲むのをストップし、2クールを再開します。

最後の7日間は、プラセボ(実際は効果がなく、効くと思わせるだけの薬)を飲むように配慮した28日製剤もあります。

ピルの副作用は大丈夫?

ピルも万能薬ではなく、副作用も見られます。

  • 浮腫
  • 食欲が増える
  • 体重が増える
  • 気持ちが沈む
  • 血栓症

ピルには。これらの副作用が起きることがよくあります。
またピルを飲んで、逆にニキビが悪化することもあります。

ピルは以前よりも安全になっており、血栓症や心疾患のリスクも減っています。

ピルが安全とはいえ、自己判断で飲むのは避けて、医師に相談してからピルをニキビ治療に用いることが大切です。