ヘッダー

生理前にニキビができる理由はホルモンバランスの崩れが原因

    




大人の女性で多いニキビの原因は、生理前ニキビ。

生理前にニキビができる要因の一つとして挙げられるのが、ホルモンバランスの崩れです。

思春期にできるニキビと、大人ニキビはニキビができる原因が違います。

生理前は、皮脂腺が内分泌によるコントロールを強く受けていることが関係しています。
皮脂は毛穴の詰まりの原因となる他、アクネ菌の増殖を促すものであり、ニキビの大きな原因です。

皮脂腺に最も影響が与えているホルモンはアンドロゲンと呼ばれるホルモンです。
このアンドロゲンは副腎由来アンドロゲンと性腺由来アンドロゲンが存在し共に下垂体によりコントロールされています。

ちなみに、性腺由来アンドロゲンはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンのことです。

ホルモンが関係する皮脂が増えるの要因としては、下垂体の調節異常または副腎・性腺由来アンドロゲンの産生異常による血管内アンドロゲンの増加、血中アンドロゲンが正常であるのに皮脂腺レセプターの過剰反応を示していることなどが考えられます。

実際、ニキビができる女性においては血中アンドロゲンの増加や下垂体機能不全がみられたとする報告が多く挙がっています。
このホルモンバランスの崩れによるニキビは年長者に多く大人ニキビといわれます。

皮膚科でも思春期ニキビとは分けて考える必要があるとも考えられているようです。

これらのことから、思春期以降のニキビの予防・改善を図るにはホルモンバランスを正常に保つことも大切になります。