ヘッダー

ニキビがない肌に生まれ変わるターンオーバーを意識してますか?

    




睡眠をとる女性皮膚は、いつまでも同じ皮膚ではありません。

同じように見えていても、実は古い皮膚は新しい皮膚へと移り変わっているのです。

この新しい肌の移り変わりをターンオーバーといいます。
ニキビがなかなか治らない人は、ターンオーバーがうまくできていない場合があります。

ターンオーバーの周期は28日程度

顔の皮膚は28日程度で新しい皮膚に生まれ変わっていきます。

ニキビがなくなっていくのも、ターンオーバーにより新しいお肌に生まれ変わっていくからです。
ですがターンオーバーの周期が遅くなれば、新しいお肌に生まれ変わるのも遅くなります。

ターンオーバーが理想的であれば、綺麗な肌になるのも早いというわけですね。

ターンオーバーを正常にするために必要なこと

ターンオーバーを正常にするためには、睡眠をしっかりとることが重要。
朝起きたときってお肌がツルツルになってることを実感しませんか?

それは睡眠中はお肌が生まれ変わる時間だからです。

睡眠時間が短いと、お肌が生まれ変わる時間も短く、そのぶん古い角質が残ったままになります。
古い角質は毛穴の詰まりとなり、ニキビの原因になります。

睡眠時間をしっかり確保することで、新しくツルツルしたお肌になります。
時間だけでなく、質の良い睡眠を取ることも必要です。

お肌のゴールデンタイムといわれる夜10時から2時までの4時間。
この時間帯に眠ることで、ニキビがない理想的なお肌に生まれ変わっていきます。

ニキビ跡はターンオーバーだけでは回復しづらい

ニキビ跡というのは、皮膚の深い部分である真皮まで傷ついている状態。
この部分は、新しい皮膚ができるのに長く時間がかかります。

そのため古い肌を剥がすという治療が必要になり、ケミカルピーリングが最も効果的な治療方法です。

加齢とともにターンオーバーの周期も長くなる

ターンオーバーの周期は28日程度ですが、40代になると40日〜50日程度もかかるようになります。
40日〜50日程度ということは、それだけ古いお肌が残っているということ。

加齢でお肌がザラザラ、保湿が足りなくみえるのもターンオーバーの影響です。

早すぎるターンオーバーも問題あり

ターンオーバーが早すぎるのも正常ではありません。

ターンオーバーが早すぎると乾燥したお肌になります。
あくまで理想的なターンオーバーであることを目指しましょう。

ターンオーバーを意識することで、ニキビがないお肌を目指すことができます。