ヘッダー

ニキビにはNG!タバコはニキビを悪化させる理由とは?

    




タバコとニキビ
ニキビがなくならない人は、タバコを吸うことが原因かもしれません。

タバコ自体が人体にとって有害物質なので健康状態にも悪影響を及ぼすだけでなく、ニキビの原因にもなるのです。

なぜタバコを吸うとニキビが悪化するのでしょう?

ビタミンCを壊すタバコ

タバコは血行を阻害してターンオーバーを低下させ、さらにニキビの予防に必要な成分であるビタミンCを破壊してしまうので、ニキビの悪化が拡大することに繋がるのです。

タバコを2本吸っただけで、1日に必要なビタミンCのすべてが破壊されると言われています。
このビタミンCですが、この成分はお肌の再生やニキビの改善に様々な効果をもたらしてくれる非常に大切な成分です。

ビタミンCのニキビに対する効能

・免疫力を高めてアクネ菌と闘い、殺菌してくれる
・皮脂の分泌を抑える
・毒素である活性酸素を抑制する
・コラーゲンの分泌を助け、ニキビ跡を予防し解消してくれる
・ニキビによる色素沈着を予防

ビタミンCは上記のようにニキビケアに有効である働きをしてくれるのです。

これらがタバコによって完全に破壊されてしまうので、ニキビができやすくなり、さらにニキビの進行を悪化させるので被害が拡大してしまいます。

栄養を壊すだけじゃないタバコの弊害

タバコによる被害はそれだけではありません。
タバコの煙には微小な成分が含まれており、これが毛穴に入りこむことによって毛穴のつまりの原因となり、ニキビができやすくなります。

また、肌の表面を常にタバコの煙が刺激することになるので肌が敏感な状態になり、ニキビだけでなく様々な肌トラブルの原因にもなり兼ねないのです。
それはタバコを吸うことで肌のシワやたるみ、シミができやすくなることです。

タバコの有害物質が体内に入ると白血球の活動が活発になり、タバコの成分を除去しようとします。この働きにより大量の有毒な活性酸素が発生するのです。

活性酸素は肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンなどといった物質を劣化させるので、シワやたるみ、ニキビ跡によるシミの原因に繋がります。

それでもタバコが止められない方は

しかし、いくら健康や美容のことを気にしても中々タバコを辞められない方もいるかと思います。

そういった方は果物から天然のビタミンを補うこと、またはサプリでもいいのでビタミンCを摂取することで深刻な肌トラブルを防げるのでおすすめです。