ヘッダー

たった3つだけ!ニキビ肌の負担を減らす正しいベースメイク方法

    

ニキビ肌のベースメイクニキビのあるお肌には極力お化粧しない方がニキビの治りが早いですし、悪化しないで済みます。

しかし、大人の女性であれば、ノーメイクで外に出ることはなかなかできませんよね。
そこで、ニキビができていても化粧しなければならない場合のベースメイクについて紹介します。

ニキビ肌にメイクをする場合はいくつか注意するべき点がありますのでしっかりおさえておきましょう。

ニキビ肌のメイクは軽く・少なくが基本

まず、メイクを施す際には必ず清潔な手で行い、汚れたスポンジは雑菌が繁殖している可能性もあるのでキレイに洗ったものを使いましょう。もしくは新しいものを用意することが安全です。

肌が荒れている時のメイクは基本的に「軽く・少なく」です。
刺激の少ない化粧水や乳液で肌をしっかりと整え、軽くパウダーファンデーションを塗るのです。

厚化粧はお肌の呼吸をシャットダウンし、毛穴のつまりの原因となりますのでニキビが発生しやすくなるだけでなくニキビの悪化に繋がるのでNGです。

ニキビ肌にはパウダーファンデーション

ニキビ肌へのベースメイクに使うファンデーションはリキッドではなくパウダーファンデーションを使います。
リキッドタイプやクリームタイプには、界面活性剤や防腐剤などの成分が多く含まれているため肌への刺激が強いとされているからです。

パウダーファンデーションの場合は、基本的に肌へ浸透していくことはないので肌への負担も軽く、アレルギーを引き起こすことも少ないとされています。

パウダーファンデーションでどうしても粉浮きしてしまう場合も、リキッドやクリームタイプを使うのではなく、練り状になっているスティックタイプを使うのが良いです。

これも界面活性剤などの添加物が少ないため肌への刺激が少なくて済みます。

これだけではキレイにニキビの赤みを隠せないという場合は、イエローベースのコントロールカラーを使うことで肌全体の赤みを抑制することができます。

さらに黄色みのあるファンデーションを重ねてしまうと逆に目立ってしまうことがあるので、ニキビ肌には青みのあるファンデーションで仕上げるとキレイに見えます。

頬にニキビがあるならチークは禁止

頬にもニキビがあるのであればチークは塗らないでおきましょう。
ブラシなどが刺激になってしまいます。

このようにニキビ肌へのベースメイクは極力刺激を与えないことが鉄則です。
ニキビ肌用の化粧品も多く販売されているので、自分に合った化粧品を選んでニキビがある時でもメイクを楽しみましょう。