ヘッダー

大人ニキビは要注意!便秘とニキビは密接な関係がある

    




ニキビと便秘便秘とニキビは深い関連性があり、大人のニキビの代表的な原因の1つとなっています。

便秘とは排出されるべき便が排出されずに腸内に長時間とどまっていることですが、実はニキビと便秘は大きく関係しており、便秘がちである人はニキビができやすいのです。

便秘になるとニキビができる理由

腸内に長時間とどまっている便はやがて腐敗が始まります。
すると活性酸素という有毒なガス、悪玉菌といった悪さをする菌などの物質を生み出します。

それらの毒素は体外に排出されないので体に有害物質が吸収されてしまい、血管などを通って全身をまわってしまいます。

その毒素はやがて肌の毛穴から出ようとするのです。

これが毛穴や肌を傷つけ、ニキビの発症の原因となります。

さらに、毒素は体の中で増え続けていき、皮膚の細胞などを傷つけてしまいます。
ダメージを受けた皮膚の細胞は抵抗力が弱まってしまい、その結果新陳代謝を落とし、ニキビができやすい体質になってしまうという悪循環を生み出すのです。

便秘薬に頼りすぎるのもよくない

かといって便秘を解消するのに便秘薬に頼りすぎるのも良くありません。
便秘薬とは薬の力で強制的に便を排出させるものですので、徐々に便秘薬中毒となり、最後には便秘薬なしに自力で排便する力がなくなってしまうからです。

便秘を解消するためには、食生活や生活習慣といった基礎的な習慣を改善することが重要と言えます。

  • 朝食を必ず取る
  • ヨーグルトなどで腸内環境を整える
  • 食物繊維のある食事をとる
  • 適度な運動をする
  • 脂っぽいものを食べ過ぎない
  • ストレスをためない

これらを意識して健康面に気を付けることによって、体とお肌の両方に良い影響をもたらしてくれるでしょう。

適度な運動は、排便する力として腹筋が必要なため有効とされています。
また、あえて運動するのではなく常に良い姿勢を維持することを意識しているだけでも腹筋は十分鍛えることが可能なので、おすすめです。

便秘解消に1番簡単な方法は?

さらに一番簡単な方法としては朝起きた時にコップ1杯の水を飲むことです。

これだけで睡眠中に失われた水分が補給でき、腸内に刺激を与えることによって脳から腸へ便意を感じさせる働きを促進してくれるです。
便秘対策は体の中をきれいにし、健康そして美肌を保つためには必ずするべき対策ですので日頃から気を付けることが大切ですね。