一生ニキビを作らない!ツルツルお肌になるために必要なこと

保湿はしっかりとする

ディフェリンゲルを使用する基本的なことは、1日1回夜の洗顔後に使用・使用期間中は紫外線を防止する・朝の洗顔はディフェリンゲルが顔に残らなくなるまで洗顔する・ディフェリンゲルを塗った後は必ず保湿をすること。

上記は最低限必要なことなので注意して下さい。特にディフェリンゲルは乾燥や皮剥けしたりするので保湿はしっかりすることです。

使用するのは夜だけ

注意することはディフェリンゲルは日光に弱いので夜だけ使用して下さい。例えばディフェリンゲルを塗って日光など太陽光線を浴びてしまうとシミになりますので、夜だけの使用のみです。(蛍光灯の光でも余り良くない)

ですので、寝る前に洗顔をしてディフェリンゲルを塗り就寝するのが1番安全な使用方法です。塗る箇所ですが、顔全体に塗布は絶対ダメです。健康な肌にまで副作用がでますので。ニキビが出やすいところに塗るのも余り良くありません。

ニキビにピンポイントで塗る

ニキビのあるところにピンポイントで塗るのが1番良い方法です。例えば綿棒にディフェリングゲルを少量取って、出来ているニキビだけに塗るのがベストです。

ニキビが気になるからといって1日に何度も塗るのは厳禁です。夜の洗顔後だけにきちんと塗って下さい。保湿する場合はなるべく保湿力の高いクリームなどを使用すると良いでしょう。

ディフェリングゲルを触った指も必ずきちんと洗い流して下さい。ディフェリングゲルは肌の表面を薄く削る効果がありますので、ニキビ以外に塗ってしまうと指でも皮が剥けてきますので注意して下さい。

切り傷・擦り傷・湿疹のある部位には使えません。粘膜に近い部位への使用も禁止されていますのでニキビ患部以外には塗布厳禁です。

妊娠中はディフェリンゲルを使えない

妊娠中や妊娠を望んでる方も使用禁止です。ディフェリングゲルの「アダパレン」の成分が胎児に先天性奇形を起こす可能性がありますので使用できません。12歳以下の子供に対しても使用禁止になっています。

ディフェリングゲルでアレルギーを起こしたことのある方も使用出来ません。医師や薬剤師の下で使用する必要があります。

 

ディフェリンゲルと一緒に使うと効果的なスキンケア

>>富士フイルムのルナメアACを試してみました