ヘッダー

ニキビにイソジンは効果ある?

    

イソジンうがい薬の鉄板ともいえるイソジンですが、これがなんとニキビに効果があるという噂が存在しています。

イソジンは口腔内のばい菌を消毒・殺菌する作用がありますので、「ニキビの菌も殺菌してくれるのではないか」という発想から始まったと考えられています。


その気になるニキビへの効果ですが、「ニキビが治った!」という人や「全く意味なし」というように、効果の感じられ方は個人差が大きいといえます。

イソジンによるニキビ治療のやり方

まず、イソジンによるニキビ治療の方法ですがそれは至って簡単です。
用意するものは、イソジンとコットンのみです。

イソジンをコットンにつけて、ニキビのある患部に塗布します。
この時、必ずコットンを使用することがポイントです。

イソジンを直接肌につけてしまうと危険です。
イソジンは殺菌力が強く、非常に濃い液体ですので直接肌に触れることで肌荒れの原因にもなり兼ねません。

イソジンがニキビに効く症状

この治療法は膿を含んだ黄ニキビが潰れてしまった場合など、傷口を消毒する意味では効果はあります。
皮脂や白血球の死骸などの不純物を外へ追い出す働きをしてくれるためです。

しかし、この場合ニキビができていた患部をしっかり消毒しなければ再び外部からのばい菌の侵入よって新たな肌トラブルになってしまいます。

皮膚が傷つき、色素沈着やクレーターのようなニキビ跡になってしまう可能性があるので注意が必要です。

クレーターのようなニキビ跡は非常に厄介で、凹凸のない肌になるまでかなりの時間を必要とするので極力避けたいものです。
そしてイソジンの消毒作用でニキビ跡やニキビ跡による色素沈着は治すことはできませんので間違った情報には十分気を付けましょう。

結局イソジンは効果あるの?

結論ですが、潰れてしまったニキビに対して不純物を外に出してあげる最終段階においては消毒する意味でイソジンを使用することは可能であり、効果はあります。

しかし、乾燥肌や敏感肌の方はこの治療方法はおすすめできません。

肌の弱い方にとってはイソジンの刺激が強すぎるためです。
やはり効果にも個人差があるので、この治療方法は自己責任で行うようにしましょう。

本当にニキビを治したいなら
口コミで話題のニキビケア【富士フイルムルナメアAC】