ヘッダー

ニキビに良いビタミンCを積極的に摂ろう

    




ビタミンCとはスキンケア業界ではスーパースターとも言えるかなり大きな存在です。
肌に良い働きをしてくれるだけでなく、身体の健康維持にもかなり重要な働きを持っています。

それは抗酸化作用、風邪やウイルスの抵抗力を高める、動脈硬化の予防、発ガン物質の生成抑制、血中コレステロールを下げるなど、実に様々な働きをしてくれるのです。

お肌への効能としてはシミ・そばかすを防ぎ、肌の弾力性を維持するために必要なコラーゲン生成の補助や、ターンオーバーの正常化、など肌トラブルから守るためにも非常に重要な成分であることがわかります。

気になるニキビにもビタミンCはとても重要な栄養素といえるのですが、主な効能としては、

過剰な皮脂の分泌を抑制
皮脂の分泌が減ることで、毛穴に詰まる汚れも少なくなるのでニキビが発生しにくくなる。

コラーゲンの生成促進
ニキビが治った後のニキビ跡が残りにくく、また消えるのが早い。

抗炎症作用
ニキビによる炎症を抑制し、重症化ニキビになるまでを防いでくれる。

などが挙げられます。では、ビタミンCがなければ一体どうなってしまうのでしょうか。

ストレスでビタミンC不足になる

ニキビができる原因の1つとしてストレスがありますが、肉体的精神的にストレスを感じるようになると副腎皮膚ホルモンという物質が分泌され、この時にビタミンCが消費されてしまいます。

もし、この分泌のために多くのビタミンCを消費してしまうとお肌までビタミンCが行き届かなくなります。
そうするとお肌の免疫も下がってしまい、結果ニキビができてしまったり、ニキビが治ってもニキビ跡が中々消えてくれなかったりと厄介な肌トラブルになりかねないのです。

特にニキビ跡はお顔全体的の印象をくすませてしまいますし、クレーターのような凹凸ニキビ跡は修復に多大な時間を必要としてしまいますので極力避けたいものです。

ビタミンCは人間の体内で生成されることはありませんので、積極的にビタミンCを摂取することをおすすめします。
ビタミンCは野菜や果物に多く含まれていますが、実は水や熱に弱いので調理されることによってビタミンC要素が激減してしまうので注意が必要です。

自然食品から摂取が困難な場合は、サプリメントもありますので美容のためにも健康のためにも積極的に摂取しましょう。