ヘッダー

断食でニキビが治るなんて迷信?

    




断食ニキビを治すために断食をする方法があるのですが、「断食をすると栄養も取れないうえ、ストレスも溜まりそうだし治るわけない…。」と一見そう思われがちですが、実はしつこいニキビを治療するためには断食は有効であることが判明しています。


しかし、いきなり断食をしてそれを続けるとニキビができなくなって治る、肌がキレイになる、という情報は迷信ですので注意です。

断食の効果ってどんなもの?

良いようには思えない断食ですが、これには様々な働きを発揮してくれます。
体の中の毒素を出してくれる、内蔵を休めて働きを活発化させる、便秘解消、といった効果が期待できるのです。

体の中の毒素はニキビや肌荒れの原因にもなります。
スキンケアには気を付けていても、体のデトックスについておろそかにしている人は多いです。

しかし、断食するには注意するべき点があります。間違った方法を行うと危険ですので十分注意しましょう。

正しい断食のやり方

まず断食する際には数日かけて少しずつ食事を減らします。
急に食事を抜かないことがポイントです。
1~2日ご飯を抜いて、また数日かけて食事の量を増やしていきましょう。

断食後は復帰食がとても重要です。
断食期間の2倍以上は復帰食の期間が必要ですので、1日断食なら2日以上かけて通常通りの食事に戻しましょう。

完全に食事をぬく必要はなく、グレープフルーツを絞ったジュースを飲むと良いです。
1回数回、朝昼晩、おやつ、就寝前などに飲みます。
ジュースは市販のものでなく、必ず自分で絞ったものにしましょう。

断食を行った後は、必ず復帰食を摂りましょう。復帰食を怠ると一気に栄養を吸収しようと栄養不足気味な体が過剰に反応するので、太りやすくなってしまいます。

復帰食は消化の良いおかゆやフルーツ、サラダなどがおすすめです。

仕事や学校で中々断食をする時間がない!という人には週末断食がおすすめです。土日の2日間、もしくはどちらか1日だけでも効果はあるので、体の中をスッキリさせるためにも1度試してみる価値はありそうですね。