ヘッダー

産後ニキビはなぜできる?原因と正しい対策方法

    

産後ニキビ
出産する前はニキビができる肌じゃなかったのに、産後にニキビができてしまったという人はよくいます。

体質が変わったから体質改善しなきゃ!と思ってもなかなかできません。
それもそのはず、産後ニキビは妊娠中と産後のホルモンが大きく違うからです。

産後ニキビの原因とは?

妊娠中に出る女性ホルモン

女性は妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンがたくさん分泌されます。
このホルモンは赤ちゃんを成長させるために胎盤の状態を整える役割を果たします。
胎盤が整うと流産がしにくくなり、妊娠中に大きな役目を果たしてくれるホルモンなのです。

ただしプロゲステロンにも負の作用があり、イライラしたり憂鬱になったりという妊娠中特有の感情も、プロゲステロンによるものです。

また紫外線に弱くなるというデメリットもあります。
妊娠中にシミや肝斑ができるのはプロゲステロンの影響です。

産後はプロゲステロンが減少する

産後になるとプロゲステロンは役割を果たし、正常に戻ろうとします。
そうするとプロゲステロンが一気に減少してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

このホルモンバランスの乱れから産後ニキビができるのです。

ちなみに生理前にニキビができるということもあります。
生理前ニキビも産後ニキビも同じプロゲステロンによる影響でニキビができます。

生理前のニキビであれば、ピルを飲むことで女性ホルモンをコントロールして治る人もいます。
あくまでホルモンバランスの乱れによるニキビが原因であればピルは効果的です。
ピルでニキビが治る理由

エストロゲンというホルモンはニキビをなくす

女性ホルモンはプロゲステロンだけではありません。
エストロゲンという女性ホルモンもあります。

エストロゲンは女性らしい体を作り上げるホルモンです。
また皮脂を抑える役割を果たすため、ニキビの予防にも最適です。
もちろんエストロゲンが多ければ多いほど良いのではなく、エストロゲンが大量に分泌すると乾燥肌になったり乳がん、子宮筋腫など、女性特有の症例があらわれてきます。

ホルモンバランスは結局バランスが良いのが1番です。

産後ニキビはきちんとニキビケアを

産後ニキビができたけど、そのうち治るだろうと簡単に考えてはいけません。
ニキビというのは皮膚病のひとつです。

きちんとニキビケアをしてあげないと、放置したニキビはどんどんひどくなり赤ニキビへと変わっていきます。

赤ニキビは炎症を起こしている状態で、さらに悪化するとニキビ跡になってしまいます。
ニキビ跡はなかなか治りづらく、時間がかかってしまいます。

いまあるニキビをしっかりケアして対策をするようにしましょう。

産後ニキビの生活習慣もニキビの原因に

産後ニキビには、ホルモンバランスの乱れだけでなく、出産後の生活リズムの悪さからニキビが増えることもあります。
生まれたばかりの赤ん坊は数時間おきに授乳しなくてはならず、そのため睡眠不足になりがち。
睡眠不足になると肌の代謝(ターンオーバー)が乱れてしまいます。

その結果、古い角質が残ったままになり、毛穴がふさがれることでニキビになってしまうのです。

睡眠中というのは、もっとも肌が生まれ変わる時間帯であり、肌質が悪くなるのも、睡眠不足という原因があります。
とはいっても、睡眠時間を長くするのは難しいですよね。

だからこそしっかりとしたニキビケアをしてニキビが増えないように心がけましょう。

産後ニキビは日頃のケアが欠かせない

いままでニキビケアをしてこなかったけど、産後ニキビになるとどうもニキビが治らないという人は多いでしょう。
もちろん落ち着けばいつかニキビはなくなります。

それまでしっかり産後ニキビの対策をしておかなければいけません。

産後ニキビケアにおすすめのニキビケアはコレ!
人気急上昇中の富士フィルム-ルナメアAC