ヘッダー

ニキビができた時のひげそりの正しいやり方

    




あごにニキビができたら、男の人にとって大変なのがひげそり。
人によっては毎日朝からしなければいけないものですが、ひげそりは困難です。

赤ニキビの時のひげそりは特に痛みを感じます。
赤ニキビは炎症を起こしているから、触れるだけでズキズキする痛みがあります。

このときシェーバーを使うか、カミソリを使うかで変わってきます。

どうしても痛いときはカミソリを使いましょう。
シェーバーはどんどん肌に優しいタイプがでてきているとはいえ
やはりあごに押しつけながらひげそりをしなければいけません。

ニキビも刺激しまうので痛いのです。

カミソリであればひげそり用の泡を使って、なぞるようにすればニキビに痛みをシェーバーのときのように感じることはありません。

カミソリはT字型で何枚か刃がついているものが横に滑っても傷をつけないため安心です。
剃りやすいように、ぬるま湯でしっかり髭を柔らかくしておいてください。

もちろんシェーバーが全部ダメというわけではありません。
最近はシェーバーでもお風呂で使えるタイプがあります。

パナソニックのシェーバー

ブラウンのシェーバー

この2つはお風呂でも使えるタイプです。
泡を立ててシェービングすれば、ニキビにも痛みが少なくてすみます。

お風呂に入っているときなので髭も柔らかくなっていて、剃りやすいでしょう。

まったくシェーバーでもニキビの痛みを感じないわけではありませんが、ある程度は痛みをカバーしてくれるでしょう。
もちろん押さえつけないように、優しく肌に触れる感じでシェービングしてください。

あごの赤ニキビというのは非常に痛いですが、赤ニキビの状態であればあまり刺激しなければすぐに治ります。
お風呂から上がったらしっかりと保湿をしてニキビケアを続けるようにしてくださいね。