ヘッダー

ニキビを増やさないクレンジングをきちんと使ってる?

    

正しいニキビのクレンジング
女性であればほとんどの人が化粧をします。
そして寝る前には必ずクレンジングをしてメイクを落としますよね。

このクレンジングがニキビに悪影響を与えているかもしれないことをご存じですか?

もしかしたらメイク落としがニキビ肌に負担がかかりすぎているかもしれません。

ニキビに良い悪いクレンジングの見分け方

思春期ニキビと違って、大人のニキビはほとんどが乾燥肌からくるニキビ。
よくメイクが落ちるからといって選んでいるクレンジングは、乾燥を招きがちです。

ニキビ肌に負担をかけないクレンジングとしては、クリーム>ジェル>オイルの順番です。

ニキビ肌であればクレンジングオイルは即止め

オイルでできたクレンジングは、非常にメイクを落とす効果があり優秀です。
お風呂前に少しオイルで撫でると、厚塗りのメイクもズバズバ落としてくれます。

ただしクレンジングのオイルは皮脂までごっそりと落としてしまいます。

思春期ニキビであれば、オイリー肌なので皮脂を落としても良いのですが、
大人ニキビであれば、皮脂を奪われると肌が乾燥してしまいます。

乾燥肌になると肌が硬くなり、毛穴が詰まってしまう原因となります。
毛穴の詰まりは、皮脂が肌の奥に溜まって出られなくなってしまい炎症を起こしニキビになります。

よくメイクが落ちるからといってクレンジングオイルを使っている人は、今すぐ肌に負担がかからないメイク落としに切り替えてください。

クレンジングジェルはオイルよりも負担がかからない

オイルは余分な皮脂を奪ってしまいますが、クレンジングジェルはオイルを含みません。
そのため皮脂まで落とすことなくメイクをきれいに落とすことができます。

ただしオイルよりもメイクを落とす力は弱く、時間がかかりがちなのが欠点です。

1番おすすめなのがクレンジングクリーム

オイルよりも、ジェルよりも、もっともニキビに負担がかからないのがクレンジングクリーム。

クリームはオイルと水分を混ぜて作られており、オイルは多少含まれています。
このオイルがニキビに悪いということはまったく関係ありません。

メイクを落とす効果はもっとも弱いのですが、クリーム状なのでニキビをこすることなくメイクを落とすことができます。

クレンジングクリームを洗い流すときは、ぬるま湯でこすりすぎないように優しく洗い流しましょう。
そのあとにティッシュなどで軽く拭き取れば、すすぎがやりやすくなります。

落としきれない汚れは無理にクレンジングクリームで落とさなくても大丈夫。

残ってしまった汚れはW洗顔で落としましょう。

すぐに落ちるからといって安易にクレンジングオイルに頼らずに、メイクを落とすためにはクリームを活用したほうが良いでしょう。