一生ニキビを作らない!ツルツルお肌になるために必要なこと

美しい肌のためには、補水と保湿が大切だというのが一般的なスキンケアの常識となっています。
そのため、化粧水や美容液などをせっせと塗っている人が多くいることと思います。
しかし、これは大きな誤解です。

そもそも皮膚組織には、体内の水分を保ち、外部からの不要物の侵入を防ぐために高性能のバリア機能が備わっています。
外から化粧水などを塗っても、浸透しないのです。
つまり、表面に留まったまま、乾燥して蒸発します。

体内で作られている天然保湿因子にはさまざまな成分が入っていて、簡単に蒸発したり凍ったりしないように出来ています。
ですが化粧水などの水は、蒸発していくただの水です。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が入っていたとしても、粉末状にしたものを水に溶かしているだけなので、水が蒸発すると粉が皮膚表面に残ってしまいます。

決して、肌へ浸透しているわけではないのです。片栗粉を水に溶かすととろっとしますが、時間が経つと完全に分離していくのと同じです。

肌表面の水分が蒸発する時には、角質細胞を傷つけてしまい、肌のバリアを壊してしまいます。
その上、粉末には水分の蒸発を促す作用があるので、肌に残った粉状の物質はさらに肌の水分まで奪ってしまうので、より乾燥させてしまうことになります。

ベビーパウダーを思い浮かべてもらうと分かりやすいのですが、赤ちゃんが湿った状態でかぶれてしまわないように、パウダーをつけます。
これは乾燥状態を維持しやすくするためです。

保湿成分を混ぜた化粧水をつけるのは、保湿が必要な部分にパウダーを塗っているようなものなのです。

保湿成分を混ぜてとろっとさせたものを肌につけると、水分の蒸発を遅らせるのでしっとりしているように感じます。
ですが水分は必ず蒸発するため、後には多くの粉末が残ります。

時間が経過してもしっとり感が続くように感じますが、これはヒアルロン酸やコラーゲンなどが持つぬめり感です。
これもやがて消えて、乾燥が進みます。

化粧品メーカーが保湿の後はクリームでしっかり蓋をしましょうと伝えているのは、このぬめりが起こすしっとり感を持続させるためなのです。

ニキビには保湿がいい!と聞いても、なんでもかんでも良いわけではありません。
きちんとニキビを治すための保湿ケアをすることが大切です。

本当に正しい保湿ケア方法を知っておこう!
ニキビに効果がある保湿ケアとは?