ヘッダー

大人ニキビを治す

    

大人ニキビ

20代から30代は大人ニキビといわれ、思春期ニキビとは違うケアが必要となってきます。

大人ニキビに多い隠れ乾燥肌

大人ニキビに多いのが、表面はオイリー肌に見えても、実は乾燥しているというお肌。
また混合肌も大人ニキビに多いんです。

乾燥肌は、保湿をしっかり考えてニキビケアをしていきましょう。

本来であれば、皮脂が保湿の役割を果たします。
ですが乾燥肌は、皮脂が少なく、潤いが足りていない状態。

また乾燥しているため、シワになりやすいのもこのタイプ。

理想的なお肌って、潤いがあってプルンとしたお肌ですよね。

大人ニキビを治すためには、潤いがある正常のお肌を目指すべきなのです。

大人は肌機能が落ちている

人間は、加齢するたびに、色々なものを失っていきます。

肌の機能も衰えます。
20代前半までは、自分の体内で生成できたコラーゲンも、30代を過ぎると、作られなくなってきます。

保湿も減っていきます。
高校生まではプリプリだったお肌も、少しずつ水分が足りなくなってきます。

大人は色々な機能が減少していくので、自分でケアをしていかないといけないんです。

大人ニキビは、肌機能の衰えも原因です。
潤いが足りなくなったら、潤いを与えるのが当然。

潤いが足りないから、大人ニキビとなってしまいます。

まずは正常なお肌に整えてあげる。
これが大人ニキビの治し方で、理想のお肌にしていくステップです。

大人ニキビは保湿で治す

大人ニキビは、足りない保湿を補ってケアしましょう。
高校生のときほど皮脂も多くないので、洗顔で皮脂を落としすぎる必要はありません。

いつもの洗顔フォームで洗ったあとは、保湿に時間をかけて、化粧水でバリアする。
このステップで徐々に潤いがあるお肌になってきます。

この3ステップでケアできるニキビケアのおすすめがルナメアAC
ルナメアAC
実際に使っていますが、ニキビ肌のための保湿ケア用品だけでなく、普通の乾燥肌のひとにもおすすめです。

3ステップのニキビケアを毎日取り入れるだけでニキビが本当に改善されます。

 

>>ルナメアACを実際に試してみた体験談レポートをチェック!

思春期ニキビと同じままでは大人ニキビは治りません。
しっかり大人ニキビを治す専用のニキビケアにしていきましょう。